さくらの森 プラセンタ

ネット通販口コミ★お試し情報館

ネット通販商品の口コミとお試し情報のブログ♪

最高品質!さくらの森のプラセンタサプリ【ミナモア】

読了までの目安時間:約 7分

 

 

女性ホルモンが激減してきたら・・・

最近、ほほのたるみが気になる私。

うう~、トシには勝てないのか。。。orz

 

・・・と思ってたら、

雑誌で気になるフレーズを発見!!

それは・・・

 

アラフィフからは、化粧品より食べ物!!

 

↑厳密にはちと違うかも~だけど(汗)、

こんな感じのフレーズでした。

 

そう、食べ物って大事。

でも、なかなか毎日忙しくて、そうそう気にかけてもいられません。

 

そんなとき、強い味方なのがサプリ。(*^^)v

 

でね、サプリもいろいろあるけど、

年齢とともに減ってくる女性ホルモンの代わりになるやつが、

やはり美容にはいいみたい・・・

 

女性ホルモンが減ってくるお年頃には、プラセンタ!

 

そうそう、美魔女の山田佳子さん、私好きなんですけど、

あの方が、「49歳の崖」という(すごいネーミングだ、、)本の中で、

美人で妙齢のお医者様に聞いてて、印象に残ってるんだけど、

その方も「プラセンタサプリ」をご愛飲とのことでした。

 

やっぱ、減ってくる女性ホルモンのぶんは、

何かで補わないと、やっぱり女子力は確実に衰えるみたいで・・・

 

さくらの森のプラセンタサプリ♪

 

それで今回私が試したのが、

「さくらの森」のプラセンタサプリ。

 

というのもね、この「さくらの森」さんというのが、

自社の製品にすごく強いこだわりがある会社なのね。

 

今まで、私もいくつか商品を試して見たことがあるんだけど、

天然素材にこだわったり、国産にこだわったり、

なんというか、他とはちょっと違う「こだわり」があって、

私は好きなんだけど。。

 

そんなさくらの森さんがプラセンタサプリを出したというので、

試すならこれでしょ!みたいなノリで試してみました(*^^*)

 

調べてみると、

プラセンタサプリのプラセンタって実は粗悪なものもあるんだけど、

さくらの森さんは、原液換算量にもこだわり、

国産豚100%の純末を使っている、とのこと。

 

【ミナモア】のこだわり

1)プラセンタは純末、原液換算量9900mg!

2)国産豚100%

 

さくらの森のプラセンタサプリ【ミナモア】ってこんなの!

 

ま、そんな難しい話は置いといて。(笑)

成分がよければ、あとは試してみるだけ。

早速、【ミナモア】のレビューいってみましょう!

 

まず、ミナモアが届いて、開封したところです。

 

 

なにげに、挨拶状を見たんだけど、

やっぱりさすがの「さくらの森のこだわり」(*^^*)

 

「日本一と思えるプラセンタサプリを作り上げるために」だって!

 

 

こちらがパンフレットなんですけど、

この中にもこだわりがいっぱい。。。

 

では、実物を見てみましょう!

まずはパッケージがこれ。

 

裏を返すと、成分が。

 

【ミナモア】全成分

豚プラセンタエキス純末、マカダミアナッツ油、亜麻仁油、フィッシュコラーゲンペプチド、ビタミンE含有植物油、カツオエラスチンペプチド、ビタミンC含有ローズヒップエキス末/ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、ヒアルロン酸

 

手に出してみたところです。

ポイントというか、意外だったのは、

結構大きいところ。。。(・∀・)

 

これね。

 

ミナモアを3週間ほど試した感想は?

 

で、ミナモアを飲みはじめて約3週間経った感想、ですが・・・

 

いきなりお肌がピーン!

・・・ということは年齢的にないですけど(^_^;)、

 

お肌の調子は悪くないし、

朝だるいな・・・と思うことは無かったです。

 

あと、お肌もこころなしか調子が良いです♪

これは、女子的にはとても嬉しいことでした。

 

気長に続けたら、もっといい効果が得られるかも~

と期待させてくれたサプリでした。

 

ま・・・

 

このさくらの森のプラセンタサプリは、

高価なプラセンタサプリが多い中で、

お値段的にも手頃ですし、

良心的に作られてると思うので、

 

プラセンタサプリを試してみたい!!

と思ってらっしゃるなら、

自信を持っておすすめできる、国内サプリです(*^^*)

 

★さくらの森のプラセンタサプリ【ミナモア】はこれね。

    ↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

 

タグ :

未分類

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る